家はメンテナンス費用を考慮する

新築の一戸建ての注文住宅の家づくりにおいて、コストの問題はとても大きなものです。理想はあっても実際問題として限界があり、予算に収まらなければどうしようもない、そんな状況も出てくるでしょう。ただコストを下げるためにやや劣化しやすい材料を使うと、新築完成の時は満足しても、数年でメンテナンスが必要になる、そんな状況にならないとも言えません。それで注文住宅の材質選びはとても重要で、基本的な考えとして、クオリティの良いものは長持ちをするということです。家づくりにおいては特にそのことを念頭に入れ、数十年住むことを考えた選び方が必要になります。

例えば、近年は自然災害があちこちで起こるようになりました。これまでで最強の地震や台風が起きた、というのは珍しいことではありません。そうしたことを考えても、家の構造そのものを丈夫にするとか、外壁や屋根といった外の自然の力をまともに受ける部分に関しては、ある程度お金をかけるほうが、トータルつまり数十年という期間で考えたときには安く済むということがあります。

1つの例として新築一戸建て注文住宅での屋根材選びについて考えると、一般的に普及している屋根材としてスレート、コロニアルがあるかもしれません。軽くてすっきりしていて、ダークトーンでルックス的にも良いものです。そして他の屋根材と比べて安いので、魅力がたくさんあります。ですが長いスパンで考えると、そうしたコロニアルは比較的早い時期にメンテナンスが必要になり、そのための費用は大きなものとなります。約10年ほどで塗装が必要になり、そのための費用は数百万円にもなるかもしれません。それを怠ると、水漏れや劣化がひどくなり、その屋根材そのものが早くダメになってしまうこともあります。

逆に新築の家の屋根施工時にはやや高い、自然石粒仕上げ屋根材、ジンカリウム鋼板やガルバリウム鋼板といったものは、スレートコロニアルに比べると2倍とかそれ以上の費用になるかもしれませんが、メンテナンスということで考えるとほとんどその必要がなく、時々台風時などの時にチェックするくらいです。耐年年数が長く、メーカー保証そのものもかなり長いのが特徴です。ですからこうした要素を考慮すると、どのような材質のものを選ぶかが特に重要であり、メンテンナスのことまで考える必要があります。新築の注文住宅ではそのように高品質の材質を選べるので、注文住宅の家づくりが納得のでき、購入後の維持費を抑えることができます。

マーケティング経営研究.net 英会話ノウハウ勉強会

工務店向け集客ノウハウ 生命保険の口コミ.com

生命保険の選び方 クレジットカードの即日発行じゃけん

おうちの見直ししま専科 健康マニアによる無病ライフ マイホームブログ集