人が集うリビングとウッドデッキ

リビングは家族が集まる場所です。ところが、家族みんなでテレビを見たり、会話をしたり、食事をしたりしたいと思っていても、思うように家族が集まってくれないことがあります。そこで、ここでは自然と家族が集まりたくなるようなリビングの工夫を紹介します。

快適な場所に自然と人が集まってきます。つまり、快適なリビングを作れば、自然と家族が集まってきてくれるのです。

快適な空間作りのために大切なことが採光と風通しです。暗くて風通しがよい場所にいると、気分が沈んでしまいがちです。それとは対照的に、明るくて風通しがよい場所にいると、気分がウキウキとしてきます。

採光も風通しもよくするなら、窓の位置に気をつけてみましょう。対になるように窓を設置すると、明るく風通しのよいリビングに近づきます。

窓の設置方角によって日差しが入りすぎて暑い、日差しが入らなくて暗いといったことになるので、方角も考えてみてください。設計士や担当者の助言が参考になります。

家族が集まりやすくするために、リビングに階段を設置する方法もあります。2階に上がるために必ずリビングを通ることになるので、自然とリビングに集まりやすいのです。

しかし、音が2階に聞こえやすい、熱が逃げてしまうといったデメリットがあります。階段にカーテンや扉を取り付けるなどをすれば、これらのデメリットへの対策ができます。

リビング階段は吹抜けとの相性がよいです。吹抜けを作ると風通しがよくなる、広々と感じられる、家族とコミュニケーションをとりやすいなどのメリットがあります。しかし、暖かい空気が上にたまって冬はなかなか室内が暖まらず、暖房効率が悪くなります。吹抜け部分は床がなくなってしまうので部屋を作ることができず、2階の部屋数が少なくなります。こういったデメリットも考慮しましょう。

リビングからは庭やウッドデッキを眺めることができます。

ウッドデッキはリラックスの場、選択物干しスペース、遊び場など、さまざまなことに活用できます。また、リビングとウッドデッキのつながりを感じられて、リビングが広くなったようにも感じられます。

庭があることでもリビングが広々と感じられます。また、樹木や花を植えれば四季折々の植物を楽しめることでしょう。庭で洗濯物を干したり、バーベキューなど楽しんだりなど、いろいろな活用ができます。

家族みんなが快適に過ごせるようなリビング作りを考えてみてはどうでしょうか。