キッチントイレなど水回りを快適に

生活に欠かせないものが、キッチン、トイレ、お風呂、洗面所などの水回りです。毎日使うものなので、快適に使用できるような設計を考えたいものです。

そこで、快適に暮らすためにできる工夫を紹介します。

自炊をしている家庭なら、毎日ようにキッチンを使うと思います。

料理のしやすさ、収納の多さ、掃除のしやすさなど、キッチンに求めることは人それぞれ違い、何を求めるのかによってシステムキッチンの選び方が変わってきます。

たとえば収納の多さを求めるなら、パントリーを設置してみるとよいでしょう。パントリーがあれば多くのものを収納できて、まとめ買いをしたときに便利です。また、置き場所が決まっているので探すときに楽になります。

掃除のしやすさだったら、タイルの床が優れています。タイルなら水拭きが可能で、汚れてしまってもさっと掃除ができます。しかし、油が床にはねてしまうと滑りやすくなり、冬場は冷たいなどの欠点があります。

キッチンの形には、対面キッチン、壁付けキッチン、アイランドキッチンなどがあります。それぞれ使い勝手や見た目の雰囲気など違うので、メリットやデメリットを考慮して選ぶとよいでしょう。

トイレで気になることは、臭いと温度です。

トイレの床や壁には排泄物が飛び散り、雑菌が繁殖して臭いが充満します。臭い対策には、消臭タイプの壁紙がおすすめです。臭いを吸着・分解する性能が備わっていて、トイレ内の空気をクリーンに保ってくれます。

窓がないトイレの場合は夏の暑さが気になりますが、扇風機を取り付けるなどして暑さ対策ができます。トイレにコンセントを取りつけておけば、コンセントタイプの扇風機でも使用が可能です。

お風呂場に求めることも人それぞれです。カビの発生を抑えたい、温かく過ごしたい、広々とした空間でリラックスしたいなどあると思います。求める機能によって選ぶお風呂のタイプが変わってくるので、どんなことを求めるのかよく考えておきましょう。

洗面所を快適に使用するために考えておきたいものがコンセントです。ドライヤー、洗濯機、乾燥機など、洗面所ではさまざまな機械を使いコンセントが必要になります。コンセントの数だけでなく、位置も考慮しましょう。

このように、水回りを快適に使うために考えたいことがいくつもあります。生活に欠かせないもので毎日使う水回りなので、どんな生活をしたいのかイメージしながら水回りの設計を考えてみてください。