賃貸住宅の退去時について

敷金礼金は賃貸を探してれば当然目にしますが、その目的を理解できますか?敷金は家賃滞納リスクに対して担保として、また退去時に発生する原状回復費用を入居時前もって払っておくお金です。そして家賃滞納、退去時原状回復をする必要なければ、基本的に敷金は全額返してくれます。そして原状回復費用は住んでる人の故意により発生した劣化にたいして、入居時と同じ状況にして返す義務に充てられる費用となります。そして過失により発生した劣化に対して原状回復費用が敷金臣で賄えなければ、差額分支払うことになります。そして、敷金相場は地域により異なって、賃料1~2か月分としてる物件が一般的です。賃料10万円の住宅は敷金10万円~20万円程度支払います。そのため初期費用抑えたい人は、敷金足物件を探してみてください。ですが、退去時に費用払う可能性がある点は覚えておきます。礼金はその名通り大家に対してお礼として払うお金得、返還される期とはないです。礼金も一般に賃料1~2か月分が相場で地域によりことなります。そして、敷金は原状回復費用の前払い目的に加えて借りてる方が家賃滞納した時補填する役目を担ってます。ですが、最近保証会社増えていて、敷金払う必要がないケースがあります。その時式金払わなくてもいい代わり保証会社へ加入が必須となります。一方礼金は大家に対してお礼のお金であり、これが0円というのは大家が俺は結構ですというケースが多いです。また、敷金は原状回復費用を払うため前もってあずけておきます。そのため敷金設定ない時は退去時のタイミングで原状回復費用払わなくてはなりません。前もって資金あずけておくと退去時払う費用が、その分軽減されて、結果払う額は一緒ですが、前もってちょっとでも払っておくと退去時慌てなくて済むので安心といった人もいます。そして、敷金ものもう一つの役目として借りてる人が家賃滞納した時補填すること考えられます。キッチンやトイレやお風呂や洗面や水回りは大事で、保証会社への加入は審査があって大家が入居許可しても保証会社で断られるケース少なくないです。そしえt、敷金発生しない代わり保証料発生したりします。また、敷金足物件は初期費用抑えられるといった点で魅力ですが、割高な家賃、ルームクリーニング代など意外な部分で費用発生したりするケースがあります。結果敷金なし物件のほうがトータルで払う代金高額になってしまいかねず注意しましょう。