リビングから続くウッドデッキ

リビングは家族が集まる場所で、リビングをどのような設計にするのかによって、暮らしが変わってきます。

リビングと続く場所が、ウッドデッキ、庭、階段などです。吹抜けを作ることもあるでしょう。

家族みんなが快適に過ごせる家を作るためには、家族が集まるリビングとそれに続くウッドデッキや庭などの設計に工夫が必要です。では、どのような工夫ができるのかみていきましょう。

まずはリビングです。

明るく風通しのよいリビングにするには、窓が欠かせません。窓を大きく作ることで採光も風通しもよくなります。しかし、道路側に面していたり、お隣さんと接していたりすると、プライバシーの保護や防犯面が気になります。せっかく大きな窓を作っても、日中はカーテンを閉め切った状態になってしまい、これでは採光も風通しも悪くなってしまいます。

リビングにつける窓は、道路やお隣さんの家のことなど考えてみましょう。高い位置に窓を作ったり、プライバシーを保護するスクリーンを設置するなどして対策ができます。

リビングから続くものがウッドデッキです。ウッドデッキがあることにより、リビングを広く感じられます。また、ウッドデッキがあれば庭に出やすくなり、ガーデニング作業が楽になることでしょう。遊び場としても活用でき、リビングから様子を眺められるので、子どもが遊んでいても安心できます。

ウッドデッキを作るときに気をつけたいことが、使用する材料です。木材は腐りやすいため、風雨にさらされて年月が経つとともにボロボロになってきます。耐水性を高めるために、塗装をしておくとよいでしょう。

ウッドデッキからは庭が続きます。新築なら造園会社に依頼をして、設計を考えてみらったり、木を植えてもらったりするのもよいでしょう。

リビングに吹抜けを作ると風通しがよくなります。風がよく動くことにより、夏場は涼しいです。しかし、吹抜けを作ると柱の数が減ったり、1階の天井面積が少なくなり、耐震性が劣るので強化することが大切です。また、冬は寒さが気になるので、シーリングファンを回して空気の循環をよくするなど対策が必要です。

リビングに階段を作ると家族が集まりやすくなります。2階に上がるためには必ずリビングを通らなければならず、家族の顔を見ることになるのです。小さなお子さんがいる家庭だと、必ずリビングを通ることで子どもの顔を見ることができて、安心できることでしょう。

リビングに階段を作ると、1階の音や臭いが2階にまで届きますが、気になるときには扉を取り付けて対策ができます。