生涯に一度の家づくりイベント

家づくりの中でも注文住宅で家を建てるのは人生の大イベントですが、後悔したくないといって、ネットで調べてハウスメーカーなどに話をうかがったりして、結局何がいいのかと思ってしまいます。そして、注文住宅を建てる時に人生に一度あるかないかですから、ほとんどの方は初めてのはずです。そして土地探しや建物設備使用まで決断の連続で、さらに現実的には多数の制限があって、家は3回建てなくては成功しないといわれたりします。そして家づくりで失敗したと感じる人はどういう家が自分にいいか明確になっていないと思います。

そして最近いろんな情報をすぐ手に入れられて、理想の家イメージがブレてしまったり、ぼやけがちです。理想の家イメージをしっかり持つことが大事で、明確なコンセプトがあれば成功しやすいです。

情報取集もいいですが、自分のアイディアチェックできるよう自分たちが家に求めるものまとめたコンセプトシートを作りましょう。そして、モデルハウスない注文住宅は設計者などプロとの相性も大事です。家づくりする時相性のいいパートナーを見つけるのも大事です。そして2次元の図面以外に大事なポイントで3次元のパースなどイメージズレてないかチェックするのが重要です。確かに家建てるといってもそれを作っているのは人で、良い物を具現化してくれる、やり取りストレスが無いなど気持ちいいやり取りできると家づくりも成功に近づけます。

意外に多いのは土地購入後設計事務所探すケースですが、注文住宅で家づくりする時実際大きなメリットで土地探しをプロと一緒にできる点があります。その土地にどういうものが立つか明確に分かるのは建築家で、購入前ならぜひ事務所などと一緒に家づくり進めてみてください。家を建てても間取りなどはリフォームによって変更できますが、周辺環境はどうしようもありません。土地により希望する建物建てられないことがあります。ウッドデッキや庭や吹抜けやリビングや階段を意識して、土地決まってなければ土地探しもプロに助けてもらいましょう。そして、小さい土地に家を建てる時は、なるべく部屋広くしたいと思いますが、敷地面積すべて使って家建てることはできません。まず家建てたいときどれぐらいの面積に家建てられるのか知って下さい。使い方変化する子供部屋はいつか子供独立すれば広い部屋出来るような完全個室として作りこみすぎないことが大事です。