注文住宅を建てる際に我が家が気を付けたこと

マイホームを新築の注文住宅にしようと検討した際、我が家で気を付けたことは出来るだけ資産価値を損なわないようなものにしようということでした。と言っても、どんなに素晴らしい新築住宅でも経年によって資産価値は目減りしていくもの。しかし、きちんと先々のことを考えておけばそこまで大きな毀損は無く、経年後も資産価値を享受することが出来るのですよ。それでは、マイホームに何をすると資産価値を損ないにくくなるのでしょうか。実は、それは「普遍的な住宅」を心掛けるということです。一見すると何だそれはと思われてしまうかもしれませんが、ご自身で家を購入するということを考えた時に、あまりに奇抜であったり時代の波に乗りすぎている注文住宅の家だったらどうでしょう。住みにくそうだなとか、ちょっと古臭いなと手を引っ込めてしまうのでは無いでしょうか。そうなれば、需要は激減して資産価値も散々なものになります。なので、マイホームを新築で検討されるのであれば部材に拘りつつ、内装や設計に関してはいつでも売れるような物にしておいた方が良いですよ。そのようにしておけば、注文住宅であっても不測の事態にすぐに現金化するなどして対応することが出来るようになりますからね。