満足感ある家づくり

私は一人暮らしをしていたときはマイホームは自分とは関係ない物と考えていました。しかし、年齢が上がるにつれて結婚をしてマイホームを造るためにお金を貯めたいと考えるようになりました。私はマイホームがあれば最高の結婚生活ができると信じていました。そのため、新築の注文住宅を建てるためにはどれくらいの費用や手間が必要になるかを知人に聞くなどして調べました。私は貯金だけで注文住宅を造ろうと計画するよりも住宅ローンを頼った方が十分な予算を用意できると感じました。ただ、住宅ローンの金利や手続きなどの仕組みについてほとんど知識が無かった私は家を建てるために多くのお金を借りることに不安がありました。私は平均的な収入の会社員なので高い額の住宅ローンを返せるわけではないです。そのため、費用が多く必要になる豪華な内装の新築の注文住宅ではなくて普通のデザインのシンプルな内装の家に住めれば十分でした。私は自分にふさわしい新築の家のデザインにするためのお金を住宅ローンを使って用意することができました。